癒し・ボディケア

子どもの健やかな成長を促す!キッズヨガの魅力とは【体験記/編集部】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
キッズヨガ

欧米では、幼稚園や小学校の授業に導入されているなど教育の一部として根付きつつあるキッズヨガ。
ヨガは「誰かと競争する」のではなく、自分の体との対話を大切にする運動です。のびのびと自分のペースで楽しく始められるヨガは、ストレスを内側に溜め込んでしまいがちな現代の子どもたちにぴったりの運動方法ではないでしょうか。
今回は、子どもが楽しく始められるキッズヨガについて学んだことを紹介します。

キッズヨガテキスト表紙

キッズヨガの効果と特徴とは?

キッズヨガは、子どもの健やかな体と心を育むことを目的としています。
主に、3歳から12歳までの子どもを対象にしており、年齢別で指導方法も異なります。
それぞれの心と体の発達段階で適切な指導を行うことが大切なのです。
本来、成長途中にある子どもの体は大人に比べて軟骨の部分が多く、筋肉が柔らかいという特徴があります。
しかし、足首の周りの筋肉が硬くてしゃがむことができなかったり、背中や骨盤がしなやかに動かないために猫背になっていたりする子どもが増えていると言われています。
この背景には、ゲームやインターネットといった室内遊びの普及による運動不足による運動機能の障害、野球やサッカー、バレエなどひとつの運動を長く続けることによって同じ筋肉ばかりが過度に発達して起こる機能障害が考えられます。
こうした運動不足や柔軟性・運動機能のアンバランスな発達を改善するためにも、全身を使うヨガが役立ちます。

キッズヨガテキスト中面

キッズヨガ特有の呼吸法とは?

キッズヨガも大人のヨガと同じように、呼吸法とアーサナ(ポーズ)が中心ですが、子どもがイメージをしやすいようにキッズヨガ独特の呼吸法があります。
例えば、仰向けになって行う「風船の呼吸」は、風船がふくらんだりしぼんだりすることをイメージしており、実際にお腹に触れながら息を吸うとお腹が膨らみ、息を吐くとお腹がへこむことを覚えます。
「ろうそくの呼吸」では、人差し指をろうそくに見立て、ろうそくの火を吹き消すように勢いよく息を吐いたり、指を離して細く長く息を吹きかける練習をします。
このように、身近なものに見立てて行うことで一見複雑な呼吸法も楽しく習得することが可能です。
キッズヨガの呼吸法はとてもわかりやすいので、「ヨガは呼吸法が難しくてわからない」というママも、子どもと一緒にやることで楽しくヨガの呼吸法をマスターできそうですね。

キッズヨガの呼吸法

大人も一緒に楽しめる!キッズヨガの進め方

キッズヨガでは、ウォーミングアップもゲームや歌を使って楽しく行います。
「カエル」や「カニ」などいろいろな動物に見立てた「いろいろ動物歩き」や、両手をグーパーして行う「いろいろグーパー」など、子どもにもわかりやすい動きで体をしっかりとほぐしていきます。
小さな子どもでもわかりやすい表現なので、「難しそう」と構えることなくヨガのポーズに入っていけるのがいいですね。
大人も一緒になってやると、子どもも喜んで続けることができます。
我が家では、体の柔らかい子どもに比べて体の固い私のほうが動きが鈍く、「ここはこうでしょ!」と子どもに指導されることも多々あります。
親子共通の趣味として楽しめるところも、ヨガの素晴らしいところですね。

いろいろグーパー

キッズヨガのポーズあれこれ

キッズヨガでは、前屈・後屈・体側伸ばし・バランス・ねじり・リラックスの6種類の動きが基本となります。
大人はポーズをとるとき、つい息を止めてしまいがちですが、子どもは体が動くと自然に呼吸をするので、幼児から小学校低学年までは呼吸の指導は必要ありません。子どもがのびのびと楽しんで体を動かすことが大切です。
ポーズの名前も子どもの親しみやすい名前をつけて行います。
山のポーズ・火山のポーズ・三日月のポーズなど、わかりやすい名前で紹介されているので、ヨガ初心者の子どもでもわかりやすいですね。
例えば、ヒーローが好きな男の子相手では、オリジナルのヒーローの技の名前を付けたりするのもおすすめだそうです。
キッズヨガは、何よりも「楽しんで体を動かす」ということに重点をあてており、子どもが楽しんで行うことができました。
今後需要も増えそうなジャンルであり、親子のコミュニケーションツールとしても活躍しそうです。

キッズヨガのポーズ

ヨガ講座セット
「ヨガインストラクター養成講座」
ヨガの基本はもちろん、「リラックスヨガ」や「コアヨガ」など代表的な6つのヨガを完全マスターできる!


関連記事

  1. フェイシャル 意外と知らない!リンパトリートメントとマッサージの違いとは?【体…
  2. ヨガインストラクター 運動は好きだけど勉強は苦手!インストラクターの資質とは?
  3. 足のセルフトリートメント オイルリンパケアトリートメントは自分でもできるのか?【体験記/編…
  4. セルフマッサージ リンパケアはどうして必要なの?リンパがつまると大変なことに…
  5. 体験リポートイメージ 「通信講座にもスクーリングがあるって知ってた?」キャリカレのヨガ…
  6. マタニティヨガ お腹の赤ちゃんを感じて出産に備える!マタニティヨガのすすめ【体験…
  7. リラックスヨガ ストレス社会の強い味方!リラックスヨガとは?【体験記/編集部】
  8. アロマイメージ 肌のタイプに合わせてオイルを選ぶ!肌が弱い人にはどんなオイルがお…

おすすめ記事

ちゃんこ鍋とアスリートの意外な関係!? 素晴らしきスポーツフードの世界! タロットカード タロットカード使用枚数が少ないスプレッドをマスターしよう!【体験記/編集部】 ペンの持ち方 美文字への近道、ペンの持ち方【体験記/編集部】 きのこ おもてなしにも持ち寄りにもおすすめの「きのこの炒めもの」【体験記/編集部】 足つぼイメージ 施術を受けてみた感想は?足ツボとリフレクソロジーの体験レポート 『ごちそうさま』から食育の意義を考える オシャレな食器 おいしそうな料理の3つのポイント!「彩り」「形」「高さ」を意識してどんな風に見せたいかを考えよう【体験記/編集部】 子どもと母親 「こんな行動はNG?」思春期の子どもとの接し方【体験記/編集部】 手 手相占いを実践してみた!当たっている?パート2【体験記/編集部】 スポーツfフード スポーツフードで体内から勝てる肉体づくり【体験記/編集部】
タロットカード
  1. 手相を読む
  2. ロコモコ
  3. リラックスヨガ
  4. 天体図
  5. 女性会話
  6. レモン
  7. マタニティヨガ

心理学

  1. ハート
  2. ママと子ども

食・料理

  1. パンと牛乳
  2. タイ風ライス
  3. スポーツfフード

癒し・ボディケア

  1. リフレクソロジーイメージ
  2. 足のセルフトリートメント
  3. 整体ボディケア

ライフスタイル

  1. インテリア
  2. 薬局

ペット

  1. ごはんを待つ犬
  2. 飼い主と犬
  3. 寝込む犬

占い

  1. 占星術
  2. 占う
  3. 手
PAGE TOP