食・料理

スポーツ選手とそうではない人の食事の違いは?【体験記/編集部】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
スポーツマン

スポーツ選手は、そのスポーツに特化したハードなトレーニングを積んで筋肉を鍛えるので、一般の人とは食事の摂り方も違ってきます。
しかし、ただ量を摂ればいいというわけではありません。そこにはどんな違いがあるのでしょうか。

体の組織はたんぱく質で作られている

たんぱく質は体の組織を作るために必須の栄養素です。骨や内臓、皮膚、髪の毛、爪や歯、体内の機能を調整してくれるホルモンや、消化のために使われる酵素、そして筋肉もたんぱく質で作られています。
体内の水分以外はほとんどの組織がたんぱく質でできており、体にとって重要な成分です。このたんぱく質は、食べればそのままたんぱく質として体内で使われるというわけではありません。摂取したたんぱく質はアミノ酸に分解されて、血液の流れに乗って体内の隅々に送り込まれます。
そして、送り込まれた先の組織に最適な新しいたんぱく質が合成され働きはじめます。一般の人でも、たんぱく質は体の組織を作る大切な要素なので、ダイエットなどをしていてもきちんと毎食の中で適度に取りたい栄養素ですね。

テキスト見開き

筋肉を鍛えるには、たんぱく質が多く必要

スポーツ選手は、ハードなトレーニングももちろん必要ですが、それだけでは強靭な肉体を作ることはできません。適度な休息と栄養補給も大切です。
筋肉とは、たんぱく質から作られている筋線維が束になったもの。筋線維はトレーニングを行うと損傷しますが、トレーニングがハードであればあるほど、その損傷は激しくなります。筋線維の損傷が修復されると組織が強化される仕組みです。筋肉は、損傷と修復を繰り返して強くなっていくのです。
その修復に必要なのが、休息とたんぱく質の構成成分であるアミノ酸。このアミノ酸のおかげで筋肉が強くなっていくので、スポーツ選手には特に大切な栄養素です。多く摂れば筋肉の修復は活発に行われ、トレーニング、休息、栄養補給を繰り返すことでより強い筋肉組織が作られていきます。ハードなトレーニングが必要なスポーツ選手には、毎日の食事の中で特に欠かせない栄養素ですね。

テキスト

筋肉修復のメカニズム

バランスよく摂取する

たんぱく質の材料になるアミノ酸は20種類あります。20種類のうち、体内で合成できるものと、できないものがあり、合成できないものについては食事で摂る以外に方法がありません。
合成できないものは全部で9種類あるのですが、その9種類の必須アミノ酸がバランスよく含まれているものを摂る必要があります。体内で合成される他の11種類も、体のたんぱく質を合成するために、毎日しっかりと摂ることが大切です。
市販のゼリー飲料の中にもアミノ酸が含まれているものもあります。どうしても食べ物で摂れないときには活用するといいかもしれませんね。

アミノ酸一覧表

アミノ酸ゼリー

筋肉の仕組みから理解することができる講座

スポーツ選手は一般の人と比べてハードに筋肉を鍛えるので、損傷した筋肉を修復するためにもたんぱく質を積極的に摂る必要があります
体のたんぱく質は毎日分解と合成を繰り返しているといわれているので、毎日バランスよく摂取したいですね。
一般の人にとっても体の組織を作る栄養素なので、ダイエットなどで避けることなく、健康的な毎日を送るためにも適量を摂取していきましょう。
スポーツフードアドバイザー講座では、食事のことだけではなく筋肉の仕組みまで学ぶことができます。この講座のテキストはカラーのイラスト付きなのでわかりやすく、印象に残りやすいのも嬉しいです。
体の仕組みを理解して食事を作ることができるので、スポーツフードに対しての理解が深まって身につくのが早そうなのもありがたいですね。

スポーツフード講座セット
「スポーツフードアドバイザー養成講座」
スポーツ選手やアスリートの身体づくりを食事の面からサポートできるプロレベルの知識とスキルを習得!


関連記事

  1. レモン はちみつレモンはスポーツ選手に有効か【体験記/編集部】
  2. 落合風カチャトーラで新たな味に出会った!【体験記/編集部】
  3. 食育記事171115メインイメージ 気になる食品の安全性!食品表示を確認して安心な食卓作りをしよう【…
  4. ちゃんこ鍋とアスリートの意外な関係!? 素晴らしきスポーツフード…
  5. 小食、食べすぎの子はどう対応する?「幼児食インストラクター養成講…
  6. トンカツでは勝てない!?試合前に食べるべきメニューとは
  7. 本格ロールキャベツ 洋風の料理を和風に変身!もこみち流ロールキャベツのコツ【体験記/…
  8. トマト 小ワザが光る人気のアンティパスト「ケッカソースのブルスケッタ」【…

おすすめ記事

手相を読む 手相を学ぶのは占い師になるため?【体験記/編集部】 食材 食材選びが健康な食卓作りの基本!【体験記/編集部】 メインイメージ 体に取り込むすベてのものが勝つ体を作る!【体験記/編集部】 カンタン!ちょい足し手作りごはんでペットとの絆が深まる 文字の練習をする親子 春は美文字が欲しくなる【体験記/編集部】 ヨガインストラクター 運動は好きだけど勉強は苦手!インストラクターの資質とは? 炊き込みご飯 炊き込みご飯を土鍋で上手に作るには?ちょっとしたコツで料理が変身【体験記/編集部】 コアヨガ コアヨガに挑戦!インナーマッスルを鍛えて最大限の力を発揮!【体験記/編集部】 スポーツと食事 継続しやすい教材で学べるスポーツフードアドバイザー講座【体験記/編集部】 小食、食べすぎの子はどう対応する?「幼児食インストラクター養成講座」で幼児の食事量について学びました【体験記/編集部】
みんなの手
  1. 占う
  2. 手相を読む
  3. 幼児食記事メイン画像-171201
  4. 原稿用紙とペン
  5. タロット占い
  6. 視線を隠した女性
  7. 花のおにぎり
  8. タロット占いメインイメージ

心理学

  1. 包み込む
  2. カップル
  3. 背中を向ける男女

食・料理

  1. スポーツと食事
  2. オシャレな食器
  3. 食育記事171115メインイメージ

癒し・ボディケア

  1. シニアヨガイメージ
  2. リンパのダイエット効果
  3. ヨガを行う女性

ライフスタイル

  1. ペンで字を書く
  2. 薬局
  3. 片付けをする主婦

ペット

  1. ごはんを待つ犬
  2. 飼い主と犬
  3. 寝込む犬

占い

  1. 占星術
  2. 占う
  3. 手
PAGE TOP