食・料理

モグモグごっくん!「幼児食インストラクター養成講座」でよく噛む子に育てるコツを学びました【体験記/編集部】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
花のおにぎり

よく噛むことは「早食い防止」や唾液による「むし歯予防」、満腹中枢を刺激するための「食べ過ぎ予防」になります。このことから、よく噛んで物を食べるという習慣を子どもが小さいうちに身に付けたいものですね。そこで今回の「幼児食インストラクター養成講座」では、「よく噛む子に育てる」ということにスポットを当てて勉強してみました

いつから噛む力を育てていくのが理想か?

子どもは、1歳から1歳半頃に奥歯が生えてきたらそろそろ離乳食を卒業する時期です。まずは「噛む力」を育てるための訓練を始めてみましょう。乳歯が生えそろう3歳くらいまでは食材の切り方や加熱具合に工夫する必要があります。もしも、その年齢に合っていない固さや形状のものを与えた場合、食事を噛んで楽しいと思わなかったり、あまり噛まずに丸飲みしたり、口から出したりすることがあります。食べ物は噛んで食べるとおいしいと思うように切り方や加熱の仕方を工夫し、「食事は楽しい」ということを経験させてあげましょう

子どもがよく噛めているかの見極め方とは?

では、子どもが上手に噛めているかの確認はどうすればいいのでしょうか?まずは口と頬の動きに注目してみてください。あまり動いていないようならば、きちんと噛めていないかもしれません。さらに確認するには、食べ物が口の中にあるときに、口を開けさせて中を見てみるという方法もあります。このとき「食べ物が奥歯の上にのっているか」「食べたときよりも食べ物が小さくなっているか」をチェックしてみましょう。

子どもがよく噛まない理由は何か?

子どもは「ぺらぺらしたもの」「皮が口に残るもの」「固すぎるもの」「弾力のあるもの」「口の中でまとまらないもの」「唾液を吸うもの」「のどに詰まりやすいもの」などの食材が苦手です。このように食べにくい食材は細かく切ったり、長時間加熱して柔らかくしたり、とろみを付けてのど越しを良くしてあげるなど、いろいろと工夫してあげましょう。よく噛んで食べる習慣を身に付けるには、よく噛んで食べるとさらにおいしくなると思わせることです。昆布やかつお節、きのこ、野菜などのうま味を上手に利用し、食事が楽しいと経験させることが大切です。

さまざまな噛みごたえのある幼児の食事を作ってみました

【お赤飯のおにぎり】
うるち米とあずきでお赤飯を作り、ご飯とあずきの2種類の食感を感じるようにしました。はしやフォークがまだ上手に使えないお子さんには手でつかみやすいように、俵型のおにぎりにしてあげるといいでしょう。

【クリームシチュー】
大人用に作ったクリームシチューをさらに牛乳で薄く伸ばして薄味にして作りました。具材は鶏モモ肉、タマネギ、ニンジン、ブナシメジ、カボチャ、ミニアスパラガスです。全体的に大人よりもすべて小さめにカットしてあります。シチューにすると食べにくい食材でもトロっとした感触によって食べやすくなります

【ほうれん草のマヨネーズあえ】
ほうれん草を柔らかくゆで、1センチ程度にカットします、そこへ1センチ角のハムと缶詰のコーンを入れてマヨネーズで和えてみました。ほうれん草は茎の部分に筋があって食べにくいので、この方法で調理するとのど越し良く食べることができます。コーンのシャキっとした感じが歯ごたえに変化を与えてくれます。

今回の講座を学んで感じたこと 

今回の講座では、さまざまな噛み応えのある食事をテキストで学んでから、実際に作ってみるという体験をしました。最初は少し面倒かなと思っていましたが、大人の食事から子どもの分量を取り分けてカットしたり、違う味付けにしたり、薄めたりしながら工夫すると、意外と簡単で楽しい作業でした。この実体験は幼児食インストラクターになったときにいい経験になると思います。この講座を通して食事は楽しいものだと、たくさんの母親と子どもたちに教えてあげたいなと思います。

幼児食講座教材セット
「幼児食インストラクター養成講座」
成長にあわせた幼児食の進め方や対処法を学び、子どもの悩みを解決するスペシャリストに!


関連記事

  1. 子どもの食事 嫌いな食べ物も工夫次第で好きになる?【体験記/編集部】
  2. もこみち流チャーハン 煮る・炒める料理もコツを押さえるだけでよそいき料理に大変身!【体…
  3. 味噌 食育講座で紹介されている豚のみそ漬け定食を作ってみました!【体験…
  4. トマト 小ワザが光る人気のアンティパスト「ケッカソースのブルスケッタ」【…
  5. オシャレカルボナーラ 牛乳も生クリームも使わない落合流「カルボナーラ」に挑戦【体験記/…
  6. きゅうりが河童でフロンティア ~旬のベジフル先取り紀行 17年6…
  7. 『ごちそうさま』から食育の意義を考える
  8. 小食、食べすぎの子はどう対応する?「幼児食インストラクター養成講…

おすすめ記事

ペン字体験レポートメインイメージ ミミズのような字から本気で脱却したい私のペン字通信講座体験スタート【体験記/編集部】 天体図 12星座占いは当たらない?占星術の講座を受けて学んだこと【体験記/編集部】 リフレクソロジスト 力が弱い私でも大丈夫?リフレクソロジーの施術を体験!【体験記/編集部】 レモン はちみつレモンはスポーツ選手に有効か【体験記/編集部】 幼児食記事メイン画像-171201 思ったより簡単?「幼児食インストラクター養成講座」のレシピを参考に幼児食を作ってみました!【体験記/編集部】 足のセルフトリートメント オイルリンパケアトリートメントは自分でもできるのか?【体験記/編集部】 シュート ゲン担ぎはNG?スポーツに合う食事で結果を出す【体験記/編集部】 ごはんを待つ犬 基本トレーニング!やんちゃな犬にもマスターさせよう【体験記/編集部】 『落合 務』直伝~『ラ・ベットラ・ダ・オチアイ』のミートソースを作ってみた~ 酢豚イメージ もこみち流「揚げる」料理で酢豚を作ってみました【体験記/編集部】
片付けをする主婦
  1. 遊び食べ
  2. リンパケアセラピスト
  3. カウンセリング風景
  4. スポーツマン
  5. スタイリッシュな部屋
  6. トマトジュースとパスタ
  7. タリアータ

心理学

  1. ハート
  2. 視線を隠した女性
  3. コミュニケーション

食・料理

  1. 遊び食べ
  2. もこみち流チャーハン
  3. タイ風ライス

癒し・ボディケア

  1. ヨガを行う女性
  2. コアヨガ
  3. リラックスヨガ

ライフスタイル

  1. ペン字体験レポートメインイメージ
  2. ペンの持ち方
  3. 原稿用紙とペン

ペット

  1. ごはんを待つ犬
  2. 飼い主と犬
  3. 寝込む犬

占い

  1. タロットカード
  2. タロット占いメインイメージ
  3. 手相を読む
PAGE TOP