心理学

親の介入は逆効果?「困った兄弟ゲンカ」【体験記/編集部】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
兄弟ゲンカ

子どもに関する家庭内の困りごとで上位にランクインする兄弟ゲンカ。どの子もかわいいわが子なのに、兄弟同士の仲が険悪だと親としてはとても悲しいですね。
今回は家族療法カウンセラー講座で学習した内容をもとに、兄弟ケンカへの対応について考えてみます。

兄弟ケンカの裏に潜む子どもの思い

子どものカウンセリングの現場では、兄弟のケンカに関する相談がとても多いのだそうです。今回は「下の子どもが上の子どもを煽ってケンカをしかけながらも、形勢が不利になると親に助けを求めるケース」に対するカウンセリング方法について学んだことをおさらいしていきたいと思います。

ケンカ

子どものケンカには、その裏に子どもの思いや意図が隠されているといいます。
今回の「ケンカをしかける下の子ども」には、上の子どもに何とかしてかまって欲しい、もしくはケンカを生じさせて親の注意を引きたい、自分が起こしたケンカでも最終的には親が自分をかばってくれるということを確認したいなどの意図があると考えられます。
当然ケンカをふっかけられた兄や姉は下の子よりも言葉が達者で力も強いので下の子は負かされることになりますが、そこで親が子ども同士のケンカに介入して下の子をかばうことで問題がいっそう深刻化するのだそうです。

ポイント

たしかに、体も小さく腕力もない下の子が上の子に叩かれたりキツイ罵倒の言葉を受けたりして泣いていると心が痛みますが、そこで「年上なんだからあなたが我慢しなさい!」と親が押さえつけてしまうと上の子には「もともとは弟(妹)が悪いのに」という思いが残ります。
そのストレスは下の子へのネガティブな感情となって兄弟ゲンカがますます激化していくという悪循環に陥っていく可能性があるのだそうです。

とりあえずケンカをやめさせるのではなく、ケンカのもととなっている子どもの意図を見抜く

兄弟ゲンカで親が下の子の肩ばかり持つことは上の子に親への反発心と下の子への恨みを抱かせ、下の子には泣けば思い通りになるという誤った認識を植えつけます。
今回の兄弟ゲンカでは下の子が「上の子と遊びたい」「親にかまってほしい」などの望みを「ケンカをふっかける」という誤ったアプローチ方法で叶えようとしているところに問題があります。そこを置き去りにしてとりあえずケンカをおさめるために上の子に我慢を強いるのは逆効果もいいところなのですね。

BAD対応

家族療法のカウンセリングでは相談に訪れたクライエントである親に対してまずは子どもたちの普段の様子を詳しく話してもらい、その各場面で親がどのように感じていたか話してもらうことで兄弟ゲンカが起きるプロセスや親がこの問題に対してどんなスタンスを取っているかなどの情報収集をしていきます。
そして、クライエントとの会話から兄弟ケンカに隠されている子どもの意図を見つけ出し、その解決法を一緒に考えていくそうです。

GOOD対応

親からの視点のみだと「小さいのに上の子にいじめられてかわいそう」「いくらケンカをしかけられても年上なんだから」などと狭い視野でしか考えられなかったものが、カウンセラーの客観的な視点を交えることでケンカに隠された子どもの「本当の気持ちや望み」が見えてくるところが素晴らしいと感じました。

DVD

そのロールプレイでは兄弟ゲンカに悩む両親が登場しますが、冒頭では母親と父親はわが子のケンカに異なる見解を持っており、深く悩んでお互いに心が硬くなっている様子がよくわかります。
それがカウンセラーの聞き取りを受けてさまざまな会話をするうちに兄弟ゲンカの真の問題点は何なのか次第に自覚し、自分たちで解決策を模索していこうという前向きな姿勢に変わっていくのです。
もちろんこれはロールプレイなので現実はなかなかこのようには進まないかもしれませんが、カウンセラーが会話の中で決してクライエントの気持ちを否定せず全て受け入れながら情報収集を行い、クライエントが自分たちで解決方法を探せるよう手助けしていく姿はとても勉強になりました。
特に私が感動したのは、この映像教材の家族における兄弟ゲンカの原因は「妹の行動」にあるとわかったあとの流れです。
「発端は妹の行動にあったとしても、それが現在の問題に発展したのは家族全員の関わり方がひとつの要因となった結果である。誰かを悪者にするのではなくこの問題を家族みんなのものとして考え、お互いを尊重して問題を解決しようと協力することが大事である」というものです。
問題は誰が悪いかではなくてみんなが幸せになることなのですね。わが家は一人っ子ですが、子どもと親の関わりについて深く考えさせられる事例でした。


関連記事

  1. SOS 父親から子どもへの家庭内暴力に対するチャイルドカウンセリグ【体験…
  2. 男女の話し合い 行動心理士が教える!人の心を読み解く難しさ
  3. 沈黙 カウンセラーの資格を取ると、会話の沈黙もイヤじゃなくなる!?【体…
  4. 女性会話 教えて!なぜ今行動心理学を学ぶのか?【体験記/編集部】
  5. カウンセリング風景 クライエントの問題を解決!プレゼントまでもらえて嬉しい!はカウン…
  6. 子どもと母親 「こんな行動はNG?」思春期の子どもとの接し方【体験記/編集部】…
  7. 行動心理を生かした気遣い名人への道!
  8. クライエントがいなくても大丈夫!身近な人の心理がわかるようになる…

おすすめ記事

ヨガを行う女性 飽きっぽくても続けられる?ヨガ・ハイでヨガ中毒者続出!【体験記/編集部】 SOS 父親から子どもへの家庭内暴力に対するチャイルドカウンセリグ【体験記/編集部】 ちゃんこ鍋とアスリートの意外な関係!? 素晴らしきスポーツフードの世界! トマト 小ワザが光る人気のアンティパスト「ケッカソースのブルスケッタ」【体験記/編集部】 足つぼイメージ 施術を受けてみた感想は?足ツボとリフレクソロジーの体験レポート レポート第1回!速水もこみちのクッキングマイスターで自己流料理が変わる【体験記/編集部】 幼児食記事メイン画像-171201 思ったより簡単?「幼児食インストラクター養成講座」のレシピを参考に幼児食を作ってみました!【体験記/編集部】 整体施術 自分の体の仕組みもわかる「整体ボディケアセラピスト」【体験記/編集部】 ヨガを楽しむ人 身体が硬くて運動が苦手…でも大丈夫!ヨガを楽しむコツとは?【体験記/編集部】 リビングでヨガ 家が狭くても大丈夫!いつでもどこでもヨガ体験【体験記/編集部】
スタイリッシュな部屋
  1. 整理用バスケット
  2. アロマイメージ
  3. コアヨガ
  4. health
  5. タイ風ライス
  6. メンタル受講イメージ
  7. ペンで字を書く

心理学

  1. メンタル受講イメージ
  2. 背中を向ける男女
  3. 親子

食・料理

  1. 幼児食記事メイン画像-171201
  2. サラダを囲む食卓
  3. トマトジュースとパスタ

癒し・ボディケア

  1. コアヨガ
  2. ヨガインストラクター
  3. ヨガを行う女性

ライフスタイル

  1. インテリア
  2. ペンの持ち方
  3. 登録販売者講座学習イメージ

ペット

  1. ごはんを待つ犬
  2. 飼い主と犬
  3. 寝込む犬

占い

  1. 占星術
  2. 占う
  3. 手
PAGE TOP